相続税の基本

相続税に必要な手続きの流れ

病気で闘病をしていた人が亡くなるときもあれば、交通事故などで突然亡くなるときもあります。どちらにせよ残された遺族には相続の手続きが待っています。相続財産が多ければ相続税の申告や納税が必要になるので…

詳しく見る »

相続税がかからない?基礎控除とは

消費税は、商品を購入するときに必ずかかります。税率をかけて端数が1円未満だとかかりませんが、1円でもあると必ずかかります。かなり厳しい税金の仕組みです。所得税になると、所得があっても一定の所得まで…

詳しく見る »

相続税の節税対策

相続税の事前対策

相続税の事後対策

節税はルールに基づいて正しく行おう

税額の計算方法

放棄者がいてもしていないとみなして計算

相続をするとき、被相続人が亡くなってから3箇月以内であれば相続放棄ができます。借金などマイナス資産があるときにするケースが多いですが、それ以外でも他の法定相続人に相続を集中させるときなどに放棄をするケースがあります。では相続放棄があったときに相続税はどうやって計算するかですが、相続放棄がなかったとみなして計算を行います。相続税では、相続財産から基礎控除を引き、法定割合に割り振って税率をかけていきます。相続放棄者も放棄がなかったとみなされるので、基礎控除の600万も引けますし、放棄者分の税金も計算します。生命保険を受ける時に法定相続人一人に付き500万円を控除できますが、この時も放棄がなかったとみなして計算をします。

算定された税額を実際の配分で割り振る

相続財産の分け方として、法定割合で行わないといけないと思っている人がいるようです。法定割合は必ず守らないといけない割合ではなく、遺言書があればそれに従い、遺言書が無ければ法定相続人同士の協議で決められます。もめたりして裁判になると、法定割合で落ち着くケースはあります。法定割合が重要になるのは、相続税の総額を決める時です。法定相続人によって割合が異なり、子なら2分の1、直系尊属なら3分の1受けたとしてその金額に税率をかけます。法定相続人分の税金が算出できたらそれをすべて合算し、それを実際に財産を分けた割合で配分します。配偶者がすべて受けたなら、税金は配偶者がすべて払います。配偶者には特別控除があるので、それを控除すれば払うべき税金が算出できます。