節税はルールに基づいて正しく行おう

生前贈与は贈与契約書などを残す

自分が死ぬと、家族が資産を相続します。資産がたくさんあるとき、相続税がかかる可能性があります。できるだけ家族に負担をかけたくないなら、事前に対策をしておくと良いでしょう。簡単な方法としてあるのが生前贈与です。1年間に110万円までの贈与なら贈与税がかかりません。相続を受ける見込みの家族に事前に贈与をしておけば、相続時に引き継ぐ資産を減らせます。ルール通りに行っていれば問題はありませんが、時に認められない時があります。勝手に家族の通帳などを作ってそちらに振り込んだとしても、贈与とみなされません。また、ただ金銭の受け渡しをしただけでも認められない時があります。贈与の都度贈与契約書を作成して残すようにすると良いでしょう。

生命保険の受取人に注意する

相続税の節税対策として、生命保険の加入があります。現金預金の資産は、資産として引き継ぐとそのまま相続財産として計算します。生命保険の保険金はみなし相続財産となりますが、受ける金額がそのまま相続財産になるのではなく、一定の控除が受けられます。法定相続人一人当たり500万円の控除があるので、大きく資産を減らせます。この方法を取るのは合法なので行うのに特に問題はありません。注意として、どんな契約にするかがあります。自分が契約者であり被保険者である人が、将来相続人になる人を受取人として契約するなら問題ありません。将来相続人になる人が契約者と受取人で自分が被保険者だと、所得税として課税されます。3者がすべて異なると贈与税になるので注意しましょう。