相続税がかからない?基礎控除とは

誰でも3千万円までは税金がかからない

消費税は、商品を購入するときに必ずかかります。税率をかけて端数が1円未満だとかかりませんが、1円でもあると必ずかかります。かなり厳しい税金の仕組みです。所得税になると、所得があっても一定の所得まではかからない仕組みです。贈与税なら1年間に110万円までなら税金がかからないようになっています。では相続税の仕組みはどうかですが、基礎控除として3千万円が控除できます。これは誰が相続を行っても控除できる金額です。法定相続人がいなくて法定相続人以外にの親族や他人に相続をするときにも適用されます。贈与税に比べるとかなり高い金額ですが、相続を受ける人に配慮されているからでしょう。以前は5千万円でしたが、改正により減額されました。

法定相続人の人数によって加算される額

相続を受ける時、相続資産によって将来の生活をしていかないといけない人もいます。その配慮から、一定額までの相続資産に対しては税金がかからない仕組みになっています。税額控除と呼ばれる額があり、まず3千万円が控除できます。それ以外に、法定相続人一人当たり600万円を加算した額も控除できます。夫が亡くなって妻と2人の子供が法定相続人の時、3000万円に600万円に3をかけた1800万円を足した4800万円が控除できます。もし子供がなくなってその子である孫がいる時は代襲相続となり、その数だけ基礎控除が増やせます。人為的に基礎控除を増やす方法として養子縁組があります。子がいる時は1人まで、子がいないときは2人まで養子縁組ができ、その分基礎控除が増えます。